YouTube

  • 秘密保護法違憲訴訟のイベントなどの映像を配信しています。
    YouTube CHANNEL

Facebook

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の記事

2014年12月26日 (金)

秘密保護法違憲訴訟の勝利を(文:橋詰雅博)

秘密保護法違憲訴訟の勝利を
傍聴者が増えたことで、裁判長の訴訟指揮に変化が出てきた
(「社会新報12月19日号掲載)

原告の証人尋問実現へ

秘密保護法がついに12月10日にされた。「表現の自由などを侵害するとフリーランスのジャーナリストら43人が今年3月、東京地裁に提起した違憲訴訟の口頭弁論は、3回を数えた。

裁判長が尋問促す 

9月17日の2回目の口頭弁論で「原告の本人尋問をやってはどうか」と原告側に水を向けた谷口豊裁判長は、11月19日の3回目の口頭弁論でも原告側にこう注文した。

続きを読む "秘密保護法違憲訴訟の勝利を(文:橋詰雅博)" »

秘密法の運用模索する公安警察 ジャーナリストの常岡浩介さんが講演(文:橋詰雅博)

秘密法の運用模索する公安警察
ジャーナリストの常岡浩介さんが講演
(日本ジャーナリスト会議(JCJ)の機関紙「ジャーナリスト」12月25号掲載)

出頭要請 家宅捜索「僕はモデルケース」 

 フリーランスのジャーナリスト、編集者、写真家、映画監督など43人が東京地裁に提起した特定秘密保護法違憲訴訟の原告団が主催した集会が11月14日に東京弁護士会館会議室で開かれた。集会でジャーナリストの常岡浩介さん(45)が講演。常岡さんと言えば、過激派組織「イスラム国」に戦闘員として渡航しようとした北海道大の男子学生に同行取材を予定していたが、北大生が私戦予備・陰謀の疑いで警視庁公安部外事3課(国際テロなど担当)に事情聴取され、自身も10月6日に家宅捜索を受けた。

続きを読む "秘密法の運用模索する公安警察 ジャーナリストの常岡浩介さんが講演(文:橋詰雅博)" »

2014年12月25日 (木)

【動画記録】 2014/12/21 秘密保護法時代に読む『大本営記者日記』

2014年12月21日、原告の一人、ジャーナリストの林克明さんが主宰する「草の実アカデミー」で、同じく原告の一人であるジャーナリストの上出義樹さんが講演を行いました。テーマは「秘密保護法時代に読む『大本営記者日記』」。講演の動画は以下よりご覧いただけます。

http://youtu.be/ue52FvTvJ7A

撮影日・場所:2014年12月21日 後楽園・涵徳亭(東京都文京区)
撮影・編集:早川由美子

2014年12月18日 (木)

1月15日(木)15:30第4回口頭弁論&孫崎享氏講演会

 12月10日、ついに秘密保護法が施行されました。違憲訴訟を闘う私たちは、むしろこの日を出発点に、廃止運動を強めていくつもりです。年明けの1月15日(木)午後3時30分から東京地裁103号法廷で、施行後初となる重要な口頭弁論を迎えます。裁判終了後は四谷地域センター「多目的ホール」に移動し、5時30分から裁判報告会と元外交官・孫崎享氏(裁判所に証人申請)による「第三次安倍政権と日本の未来」と題して講演会を開催します。大結集をお願いします。

【第4回口頭弁論】

2015年1月15日(木)午後3時30分~

東京地方裁判所103号法廷

東京都千代田区霞が関1-1-  地下鉄「霞ヶ関駅」A1番出口

【報告会&講演会】

2015年1月15日(木)

四谷地域センター12F多目的ホール

東京都新宿区内藤町87番地

地下鉄丸の内線「新宿御苑駅」より徒歩5分

17時30分 裁判報告会

18時10分 講演「第三次安倍政権と日本の未来」

     (元外交官・証人申請中の孫崎享氏) 

19時10分 終了

入場無料( 会場スペースの関係上、第4回口頭弁論の傍聴人に整理券を配り、それを持参してきた人に優先的に入場していただきます)

 

続きを読む "1月15日(木)15:30第4回口頭弁論&孫崎享氏講演会" »

2014年12月16日 (火)

「ヒトラー国家化生む悪法施行 天皇ファシズム防ぐ憲法と言論の自由否定、NHK歪曲報道」横浜訴訟第1回弁論の記事

秘密保護法違憲「横浜訴訟」の記事が掲載されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 12月10日から施行された特定秘密保護法(秘密保護法)だが、同法の違憲確認などを求めて神奈川県在住の市民13人が提起した裁判の第1回口頭弁論が12月1日、横浜地方裁判所で開かれた。

 秘密保護法に関しては、藤森克美弁護士が提訴した静岡訴訟、フリーランス表現者ら43名が提起した東京訴訟がすでに進行しており、今回横浜訴訟で口頭弁論が始まったことにより、3つの裁判がすべて審理に入ったことになる。

つづきはBUSINESS JOURMALで

続きを読む "「ヒトラー国家化生む悪法施行 天皇ファシズム防ぐ憲法と言論の自由否定、NHK歪曲報道」横浜訴訟第1回弁論の記事" »

秘密保護法、集団的自衛権のあまりに危険な実態(文:吉竹幸則)

原告の一人、フリージャーナリスト・吉竹幸則による記事を掲載します。

 

=================

 

秘密保護法、集団的自衛権のあまりに危険な実態
ジョセフ・ナイ元米国防次官補の語る日米軍事戦略
 

 

◆吉竹幸則(フリージャーナリスト・元朝日新聞記者)

 

安倍政権の進める安保政策に、民主も維新も本格論争を避け、まともな争点にならないまま、総選挙で自民が圧勝。そのどさくさに紛れ、特定秘密保護法が施行され、集団的自衛権容認の実質改憲に基づく国内法の整備が今後、急速に進んで行く。

 

しかし、その先にこの国はどんな姿に変貌するのか。それを垣間見れる極めて興味深い記事が選挙中に朝日新聞に掲載されていた。記事を読み解けば、実は集団的自衛権とその運用を覆い隠すための秘密保護法がいかに危険か。改めてその実態が、私にはくっきり浮かび上がって見える。

 

続きを読む "秘密保護法、集団的自衛権のあまりに危険な実態(文:吉竹幸則)" »

RWB supports legal action against secrets law!

On 15th December, Reporters Without Borders (RWB) announced that they supported the legal action taken by a group of 43 independent journalists against the secrets law. Their texts can be found on the RWB's website:

 

English text

 

French text

 

Please spread the message!

国境なき記者団、秘密保護法に反対する訴訟を支持

「国境なき記者団」が、フリーランス表現者による秘密保護法違憲確認訴訟を支持する記事をホームページで発表しました。

 

記事原文は以下よりご覧いただけます:
英語は
こちら
仏語はこちら

 

日本語訳(意訳)を以下に掲載します:

 

<過酷な新法>
国境なき記者団、秘密保護法に反対する訴訟を支持

 

世界中が66回目の人権宣言記念日を祝った12月10日、日本政府は国家機密に関する厳しい法律を施行した。憲法に違反し、報道の自由を大きく制限する法律が施行されたことに、国境なき記者団は大きく失望している。

続きを読む "国境なき記者団、秘密保護法に反対する訴訟を支持" »

2014年12月11日 (木)

施行当日の夜、レイバーネットTVが秘密保護法違憲訴訟をとりあげる

 秘密保護法施行日の夜「レイバーネットTV」に、秘密保護法違憲訴訟の代理人・山下幸夫弁護士、原告の寺澤有氏が出演。司会は同じく原告の山口正紀氏が務めた。

 

秘密保護法廃止をもとめるレイバーネットTV (特集は10分くらいから)

続きを読む "施行当日の夜、レイバーネットTVが秘密保護法違憲訴訟をとりあげる" »

フェイスブックに動画アップ「12・10緊急シンポジウム 秘密保護法”廃止”をあきらめない」

 2014年12月10日、ついに秘密保護法が施行されてしまいました。当日は、秘密保護法違憲東京訴訟の原告団による緊急集会が開催されました。支援者が撮影動画をアップしてくださいました。

2014年12月10日 (水)

Statement of Plaintiff’s Group  Tokyo Legal Action on Unconstitutionality of “The Secrets Law”

Statement of Plaintiff’s Group

Tokyo Legal Action on Unconstitutionality of “The Secrets Law”

December 10th, 2014

 

Plaintiff’s Group and Legal Team for The Secrets Law Legal Action

 

Today, December 10th, the Act on the Protection of Specially Designated Secrets, or “The Secrets Law”, is enforced.

 

We have been taking legal action to try to stop enforcement of the law, due to its unconstitutionality. The enforcement of the law will not put an end to our efforts. In the days to come, we will continue our court challenge and attempt to win the case, and furthermore we are going to take stronger actions to insist on abolishment of the law.

 

 

End.

続きを読む "Statement of Plaintiff’s Group  Tokyo Legal Action on Unconstitutionality of “The Secrets Law”" »

「秘密保護法」違憲東京訴訟・原告団声明

「秘密保護法」違憲東京訴訟・原告団声明

 

 

                        20141210

 

秘密保護法違憲東京訴訟原告団

 

 

 

本日1210日、特定秘密の保護に関する法律、いわゆる「秘密保護法」が施行されました。

 

この法律が違憲であるとして、施行の差し止めを求めて争ってきた我われの訴訟は、同法の施行によって揺らぐものではありません。今後も勝訴をめざして本件訴訟を継続して闘っていくことはもちろん、訴訟外においては、むしろ廃止を求める運動をさらに強めていく所存です。

 

「秘密保護法」は昨年12月、大多数の民意を無視した強行採決によって成立した法律です。法案成立直後に行われた世論調査では、法案に反対する意見が過半数を占めていました。

 

さらに本年10月には、政府が作成した「秘密保護法」の施行令および運用基準の素案に対して寄せられた約24000件ものパブリックコメントがほとんど無視され、施行令および運用基準は、指定基準の曖昧さなどの重大な問題を残したまま閣議決定されてしまっているのです。

 

「悪法」は、運用の仕方によって解釈が拡大されるなどして、その弊害が顕在化するまでに時間がかかるものです。ところが「秘密保護法」においては、成立から施行に至るまでの経緯からして、すでに、国民主権の原理に違反しています。

 

「秘密保護法」の施行により、まず最初に懸念されるのは、政府による恣意的な秘密指定。そして、それにともなう「報道の自由」や国民の「知る権利」の侵害などです。

 

さらには、安倍晋三首相による「日本を取り戻す」とのスローガンや「集団的自衛権」の名のもとに、「戦争のできる」国家体制づくりの第一歩となり得るのが「秘密保護法」です。

 

「特定秘密」の口実に多くの情報を隠蔽され、国民の監視の目が行き届かなくなった場合、権力の暴走は十分に予想しうることです。たとえば、ナチス政権下のドイツで制定された「全権委任法」のように、憲法を超越した独裁政権の成立を許してしまう恐れさえあります。

 

そうならないためにも、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重を掲げた日本国憲法を守り、「稀代の悪法」ともいうべき「秘密保護法」を断固として廃止させなければなりません。

 

施行されたからといっても、決して手遅れではありません。国会議員の過半数が賛成すれば、いまからでも「秘密保護法」を廃止することができるのです。我われ原告団は、法廷闘争のみならず、「秘密保護法」の廃止に向けた世論を高め、日本全国の仲間たちとともに、廃止運動を活発化させていくために全力を尽くしてまいります。

 

 

2014年12月 9日 (火)

施行当日!緊急シンポジウム「秘密保護法廃止をあきらめない」

 明日20141210日、秘密保護法が施行されます。しかし東京地裁で秘密保護法違憲訴訟を闘うフリーランス表現者42名はあきらめません。必ず違憲判決を勝ち取り、秘密保護法を廃止に追い込みます。その決意を新たにするため、静岡地裁、横浜地裁で秘密保護法違憲訴訟を闘う原告にも呼びかけ、緊急シンポジウムを開催します。

  歴史的な集会にするつもりです。秘密保護法廃止まで抵抗を続ける”テニスコートの誓い”ならぬ”図書館の誓い”をやろうじゃありませんか。

場所:日比谷図書文化館地下1階小ホール(日比谷公園内・旧日比谷図書館)

時間:10時から12時まで

【第一部】緊急集会

1000分 開会の挨拶と集会の趣旨説明 樋口聡(総合司会・原告

1005分 東京訴訟を提起した理由と現在までの審理の流れ 寺澤有(原告)

1015分 東京訴訟の法律上の争点 山下幸夫(東京訴訟代理人)

1025分 秘密保護法施行にあたっての原告団声明 津田哲也(原告)

1030分 横浜訴訟第1回口頭弁論の報告 岩田薫(横浜訴訟事務局長)

1040分 静岡訴訟原告・藤森克美弁護士からのメッセージ

        丸田潔(東京訴訟原告)代

【第二部】シンポジウム「秘密保護法施行で日本社会はどう変わるのか」 

 1045分~1150

足立昌勝(刑法学者・関東学院大学名誉教授)

宇都宮健児(弁護士・元日弁連会長)

堀敏明(弁護士・秘密保護法違憲東京訴訟原告代理人)

司会:林克明(ジャーナリスト・秘密保護法違憲東京訴訟原告)

 

 1155分 閉会の挨拶と東京訴訟第4回口頭弁論へのお誘

 

 

 

2014年12月 4日 (木)

秘密保護法施行するな!12・6大集会に参加&ビラ5千枚配布

 秘密保護法が強行採決されて12月6日で1年になります。「秘密保護法を施行するな! 12・6大集会が東京・日比谷野外音楽堂で開催され、その後デモがあります。

 秘密保護法違憲訴訟原告団は、ここで12月10日施行日の朝10時の緊急集会のビラ5千枚を配布予定。その後、集会やデモに流れます。原告たちは、11時に日比谷公園霞門向かいの弁護士会館前に集合し、ビラ配布を始めます。もし時間があれば、支援者の方の参加も歓迎します。

 以下は12月6日の大集会の案内です。

続きを読む "秘密保護法施行するな!12・6大集会に参加&ビラ5千枚配布" »

2014年12月 3日 (水)

12月4日(木)鎌倉から「特定秘密保護法」について考えてみませんか

 明日12月14日、違憲訴訟原告の寺澤有、林克明が問題提起する集会が、神奈川県鎌倉市民有志によって行われます。以下、そのお知らせです。

日時:12月4日(木)2時~5時

場所:鎌倉市生涯学習センター(きらら鎌倉)3階和室http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/gakusyuc/kamakura.html(JR横須賀線・鎌倉駅東口から3分、鎌倉郵便局となり)

問題提起者:林克明(ジャーナリスト・秘密保護法違憲東京訴訟原告)

        寺澤有(ジャーナリスト・秘密保護法違憲東京訴訟原告)

 

続きを読む "12月4日(木)鎌倉から「特定秘密保護法」について考えてみませんか" »

12月10日 緊急シンポジウム

すでにお知らせしました通り、12月10日(水)に緊急シンポジウムを開催する事になりました。

当日は、秘密保護法の施行日です。
しかし、東京地裁で秘密保護法違憲訴訟を闘うフリーランス表現者43名はあきらめません。必ず違憲判決を勝ち取り、秘密保護法を廃止へ追い込みます。
その決意を新たにするため、横浜地裁、静岡地裁で秘密保護法違憲訴訟を闘う原告にもよびかけ、集会を開催します。ぜひ、ご参集ください。

 
【日時】 2014年12月10日(水) 午前10時〜12時
【場所】 日比谷図書文化館(旧日比谷図書館)小ホール
      東京都千代田区日比谷公園1-4(日比谷公園内)
【主催】 秘密保護法違憲東京訴訟原告団
入場無料
 
 
【プログラム】
  10時00分 開会の挨拶と集会の趣旨説明 〈樋口聡〉
  10時05分 東京訴訟の審理で見えてきた秘密保護法の問題点 〈寺澤有〉
  10時15分 秘密保護法違憲訴訟の争点 〈山下幸夫〉
  10時25分 秘密保護法施行にあたっての原告団声明 〈津田哲也〉
  10時30分 横浜訴訟第1回口頭弁論の報告 〈岩田薫〉
  10時40分 藤森克美弁護士(静岡訴訟)からのメッセージ 〈丸田潔=代読〉
  10時45分 シンポジウム「秘密保護法施行で日本社会はどう変わるのか」 
          足立昌勝(刑法学者/関東学院大学名誉教授)
          宇都宮健児(弁護士/元日弁連会長)
          堀敏明(弁護士/「東京訴訟」原告代理人)
          林克明(ジャーナリスト/「東京訴訟」原告)
  11時55分 閉会の挨拶と東京訴訟第4回口頭弁論傍聴のお願い 〈樋口聡〉

 
画面をクリックすると、PDFデータのダウンロードが可能です。
チラシを拡散していただける方は、ぜひご活用ください。

140917_hhi_flyer

上記の画像をクリックしても、リンク先へ飛ばない場合は、下記のURLからダウンロードをお願いします。
ここをクリック→ www.craftbox-jp.com ←ここをクリック

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

最近のトラックバック