YouTube

  • 秘密保護法違憲訴訟のイベントなどの映像を配信しています。
    YouTube CHANNEL

Facebook

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー「静岡訴訟」の7件の記事

2016年9月 9日 (金)

東京高裁が〈静岡〉訴訟・藤森克美弁護士の控訴を棄却

9月7日、東京高裁で秘密保護法違憲〈静岡〉訴訟控訴審の判決言い渡しがあり、深見敏正裁判長は藤森克美弁護士の控訴を棄却しました。

 判決は「本件控訴を棄却する。控訴費用は控訴人の負担とする」と述べるだけ、1分にも満たないものでした。藤森弁護士は静岡で裁判が重なっていたため欠席、控訴人席、被控訴人席とも不在のままの言い渡しでした。藤森法律事務所の担当職員が出席し、傍聴席から判決を聞きました。

 言い渡し直後、傍聴席からは「理由を説明しろ!」、「裁判所は戦争国家に加担するのか!」といった声があがりましたが、裁判長は「判決言い渡しは終わりました。傍聴人は退廷しなさい」と一喝。あっけない判決でした。

 傍聴人は待合室に移動し、簡単な報告会を行いました。今回の判決言い渡しは東京ではブログやSNSなどで呼びかけただけで、大々的な呼びかけがしませんでした。それでも20名くらいの傍聴人が集まりました。静岡からは支援の市民5名が駆けつけ、東京の原告から寺澤、林、坂井、黒薮、丸田が参加。

 報告会では藤森法律事務所の担当女性職員が傍聴のお礼をのべ、藤森克美弁護士からのメッセージを読み上げました。「控訴審では弁護士は具体的な事件の依頼者がなくても独立した弁護権があることをとくに主張し、その点を注目しています。判決がどのようなものでも、これからも弁護士会などに申し入れするなどして独立した弁護権があることを主張し続けたい」(大意)。判決の「当裁判所の判断」の大部分は原判決を引用するという安直なものですが、「独立した弁護権」については1項目を設けて「控訴人の主張は、弁護士の独立した弁護権は根拠づけるものではない」と斥けていることを予見したようなメッセージでした。

 傍聴人からそれぞれ感想や意見(司法が機能していないことなど)が述べられ、9月13日(火曜日)の横浜訴訟の判決言い渡し(下記参照)の傍聴と、東京、静岡の最高裁でのたたかいにも引き続き注目することが呼びかけられ終了となりました。次は〈横浜〉訴訟の控訴審判決言い渡しです。判決後、弁護士会館で報告集会もあります。東京、神奈川周辺のみなさん、ぜひ傍聴にお集まりください。
【ご案内】
○秘密保護法違憲確認横浜訴訟ー控訴審判決言い渡し
○9月13日(火曜日)午後1時30分から
○東京高等裁判所808法廷(地下鉄霞ヶ関下車)
○報告集会(判決言い渡し後すぐ)
弁護士会館502c会議室

続きを読む "東京高裁が〈静岡〉訴訟・藤森克美弁護士の控訴を棄却" »

2016年6月28日 (火)

秘密保護法違憲訴訟(静岡)控訴審が7月20日11時〜に決定!

 秘密保護法違憲訴訟は東京のほか、横浜、静岡、広島でもたたかわれています。東京、横浜、静岡は地裁での判決が出そろい、それぞれ上告し舞台を東京高裁に移してたたかいが続いています。

 静岡県弁護士会の藤森克美弁護士は2014 年2月、秘密保護法は弁護権の侵害であり憲法違反であるなどとして違憲訴訟を静岡地裁に提訴。秘密保護法違憲訴訟としてはトップを切りました。

 同年7月11日の第1回口頭弁論から裁判官忌避申立をはさんで4回の弁論を経て、2016年2月25日に判決言い渡し。判決は違憲確認請求については「具体的な紛争を離れて抽象的に法令が憲法に適合するかの判断を求めることはできない」などとして却下、国賠請求に対しては「具体的な権利や利益が侵害されているといえない」と棄却というものでした。

 藤森弁護士は判決を不服として控訴。舞台を静岡地裁から東京高裁に移して控訴審が開かれます。お忙しいとは存じますが、一人でも多くの方々が傍聴にかけつけてくださるようにお願いいたします。

続きを読む "秘密保護法違憲訴訟(静岡)控訴審が7月20日11時〜に決定!" »

2016年2月23日 (火)

2月25日静岡訴訟判決言い渡しに注目!!

2月25日(木曜日)に静岡県弁護士会の藤森克美弁護士が提起した静岡訴訟の判決言い渡しがあります。12月10日の第4回口頭弁論(最終弁論)の詳細な報告が藤森克美法律事務所のホームページに掲載されていますが、その際に提出した準備書面(12)で藤森弁護士が担当した沖縄密約事件の西山太吉さんの国賠訴訟に関連して、密約文書が特定秘密に指定されていた場合、今後密約文書に関する情報提供をHPなどで呼びかけた場合、特定秘密保護法25条の教唆罪に該当し処罰されるであろうから、原告に対する具体的な弁護権の侵害である旨、主張しています。


東京、横浜の判決では原告の主張する損害などが抽象的で法律上の紛争とは言えないなどと、違憲確認も国賠も棄却したわけですが、具体性のある弁護権の侵害を裁判所がどのように判断するのか注目されます。

静岡訴訟判決言い渡し
日時:2016年2月25日 午後1時10分
場所:静岡地裁 201号法廷

藤森克美法律事務所URL
http://plaza.across.or.jp/~fujimori/index.html

東京、横浜とも判決言い渡しの際は静岡訴訟の支援者が遠路、傍聴に駆けつけてくれまました。ご都合のつく方は静岡の応援よろしくお願いいたします。

2015年12月 9日 (水)

秘密保護法違憲「静岡」訴訟第4回口頭弁論 12月10日10:00静岡地裁201号法廷

 違憲確認に加えて、弁護権の侵害という藤森克美弁護士の主張を裁判所がどう判断するか、また東京訴訟の判決が影響を与えるのか、与えないのか、行方が注目されます。今回で結審となる可能性が高いです。

 なお、9月24日の第3回口頭弁論の詳しい報告が藤森先生のホームページに出ています。

http://plaza.across.or.jp/~fujimori/index.html

 

ご多用中たいへん恐縮ですが、一人でも多くの方が駆けつけてくださることを呼びかけます。

日時:1210日(木曜日)10時~

場所:静岡地裁201号法廷

2015年9月25日 (金)

静岡訴訟第3回口頭弁論報告

9月24日(木曜日)10時から、静岡地裁201号法廷で静岡県弁護士会の藤森克美弁護士が提起した秘密保護法違憲訴訟《静岡訴訟》の第3回口頭弁論が開催されました。昨年1120日の第2回口頭弁論以来、10か月ぶり、裁判官忌避申立、却下をはさんでの弁論再開です。

 昨年の第2回口頭弁論は傍聴人が少なかったのですが、第3回口頭弁論は静岡の市民、県民を中心に32名の傍聴人が集まりました。東京訴訟の原告からは寺澤、林、丸田の3名が傍聴しました。横浜訴訟の原告から中村光夫氏の参加もありました。

 

続きを読む "静岡訴訟第3回口頭弁論報告" »

2015年7月 9日 (木)

静岡訴訟の第3回口頭弁論が9月24日に決定!

 静岡では静岡県弁護士会の藤森克美弁護士が秘密保護法違憲訴訟を提起しています。秘密保護法が日本国憲法の平和主義や基本的人権の尊重に反するという主張とともに弁護権を侵害するという観点からも違憲性を訴えています。昨年11月の第2回口頭弁論の後、裁判官忌避の申立を行い、静岡地裁で棄却、その後、東京高裁に抗告・棄却、さらに最高裁に特別抗告・棄却という流れで、静岡地裁に戻されました。いよいよ弁論が再開されます。
 静岡訴訟の第3回口頭弁論の日時が決定しました。
 日時:9月24日(木曜日)10時~
 法廷:静岡地裁201
 裁判についての準備書面などの書面や詳細な報告は、藤森克美法律事務所のHPに掲載されています。

http://plaza.across.or.jp/~fujimori/index.html

 静岡だけでなく東京周辺や&神奈川のみなさんも傍聴に駆けつけましょう!

2015年3月 8日 (日)

3・5秘密保護法を考える静岡集会は大成功

 3月5日、静岡市内の労政会館で行われた秘密保護法を考える集会は会場の定員を上回る市民がかけつけ大盛況でした。また地元新聞社やテレビ局の取材も入りました。昨年(2014年)2月、地元の藤森克美弁護士が訴訟を起こしていました。今回の集会は、秘密保護法違憲≪静岡≫訴訟を運動的に支える足掛かりになるでしょう。

1535

続きを読む "3・5秘密保護法を考える静岡集会は大成功" »

最近のトラックバック